FC2ブログ

テレマン楽器のブログどす♪

テレマン楽器 楽器屋さんの日記

音楽のお仕事って楽しいです♪音楽に興味のある人はのぞいてみてくださ~い(^^)v Byテレマン楽器スタッフ一同

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フィリピン旅行記

Macky です・・

今回は昨日帰ってきました、フィリピン・マニラ旅行記を書いてみます。

お付き合いを・・・・・

フィリピンは38年前に、第一回の兵庫県洋上大学で行ったことがあるのですが、

その時は、コーラルプリンセスという1万トンの船で1ヶ月かけて

台湾・香港・シンガポール、そしてフィリピン・マニラをまわってきました。

その時のマニラの記憶があるので、どう変わったかが非常に興味がありました。

そもそも、なぜ今フィリピンなのかといいますと、聞くも涙・笑うも涙・説明に二日ほどかかりますので
簡単にエイ・ヤ~といきます。

所属している山崎ライオンズクラブからお誘いがあり、OSEAL(アジア地区)での50周年の記念
フォーラムに参加してきました。

要するに、観光・研修を兼ねた旅行ですね。

ライオンズクラブは金持ちクラブという印象がありますが、本当は「We serve」・・私たちは奉仕をするという精神のもとに活動をしている世界規模の奉仕団体なのですね。現実には会社の経営者や各界のリーダー的な人が参加していて異業種の交流の場となっています。

おいらの大学の精神が「Mastery for Serves」(サービス精神に徹せよ)でした。

なにか共通するものがあるなと、入らせていただきました。

さて、フィリピンは大小7100余の島々よりなるアジアの中でも大きな国ですが

ながい間スペインの統治下にあり、以降アメリカの統治のもとに民主化は少し進んだようですが

第二次世界大戦以前に4年間ほどに日本の統治下にありました。日本が負けて以来またアメリカの

統治のもとの独立国ということで、常に大国の意向のもとで政治が行われてきました。

日本も第二次大戦以降はそんなところがありますが・・・・・

マルコス大統領の失脚以来、民主化がすすんだといいますが、なかなか難しい状況ですね

ですから、貧富の差は著しく高級住宅がある地区があるかと思えばその横で道のいたるところに
スラム街がひろがっているという状態です。

ホテル

これは私たちが泊まったホテルですが、

その周りは・・・・・・

市内商業地区


スラム街は日本の路上生活者の家のようなものが、道路の横に延々と続きます。

驚いたのは道路に信号がないということです。中央分離帯にところどころにユーターンポイントがあって

信号で左右に曲がるということは出来ません。信号機は特に大きな交差点にはありますが、信号が変わっても車は止まりません。大きな流れがすむまでは赤だろうが車は流れていきます。

日本では考えられないことです。常に周りの状況をみながら運転をしている状況ですね。

メンバーの中に秋田さんという方があり、その方は以前、宍粟市一宮町の「一宮電気株式会社」の経営にあたっておられて、今は宍粟市の市会議員をされていますが、マニラのタガイタイのふもとの工業団地に工場があり、そこの運営にもあたっておられたということで一行は見学に行きました。・・・これは研修ですぞ!


一宮電気

左から2人目が若社長で小さい頃に「テレマン楽器」でギターを買いましたよ、と懐かしがっておられました。

一宮電気

いろいろ聞かせていただいて、びっくり・・・・!!!!!

パソコンやかカメラに内臓する極小モーターを作って世界の名だたるメーカーに供給しているという・・
そして、隣に[TERUMO]という医療器具メーカーがあり、そこの特殊な注射針を開発、社業を伸ばしておられるという・・・・・・びっくりですね。

一宮電気

日本人は4人で現地の人を300~400人雇用しておられます。


そこを後にして、今回、非常に楽しみでしたタガイタイへ向かいます。

philipinn 059

ここで食事ですね・・・・・

philipinn 063

今回はレストランに行くたびにバンドが迎えてくれました。コントラバスとギター2本の三人という編成がほとんどできれいなハーモニーを聞かせるというやり方ですね。なかなか上手で日本の曲のリクエストにも即時にこたえるというエンターテイナーでした。でも、やっている音楽はスペイン系が多く、統治時代の文化を色濃く残していますね。

そして、そこから眼下に広がるのが世界でもめずらしいタール湖とタール火山。

これは火山が爆発して水をせきとめ湖になったのと、タール湖の中でさらに爆発した火山の火口にまた水が
たまり湖ができたという壮大な自然のいたずらですね。

philipinn 076

philipinn 082

これが市民の足ジプニー、いたるところで走っています。愛嬌をふりまいて一緒に写真をパチリ。

philipinn 090

philipinn 091

道沿いにいたるところに果物の山・・・・・

philipinn 110


philipinn 113

年中23度から33度くらい、果物は豊富でおいしい・・・・

ジャングルや山のいたるところにヤシやバナナがあり、これが貧しくても生きていける秘密とか・・・・


いよいよ、本命のOSEALフォーラム、巨大な国際会議場・・・・

OASAL
philipinn 207

すごい人でステージの上の人が豆粒、永遠とセレモニーをやっていましたので、早めにきりあげて隣のこれも巨大なアジアンモールで買い物・・・・・

市外観光・市内観光をしてホテルの2階は24時間営業のカジノという遊び放題・・・お金があれば・・・

市内いたるところで走り回っている「トライシクル」という三輪自転車にチップをあげて写真をとってもらいました。

行く距離にもよるでしょうが、5~10ペソ・・・日本円で10円~20円

philipinn 247


ペソを二倍にすると大体の日本円ですね。

物価は安いが粗雑という感じですね。

時差は一時間・・・フィリピンで午前9時は日本で午前10時ですね。

ハワイ程の時差ボケはないですね。

帰りは行きと同じくフィリピン航空で帰ってきました。

philipinn 257


日本はきっちりと整理された美しい国ですね。時間どおりにものが動きますし、サービスの質は高いですね。

つくづく感じました。

フィリピンは一部で近代的になってきていますが、貧富の差は昔と変わらず、もっとひどくなっているかも知れませんね。


帰ってきた時の寒かったこと・・・・・・・・

ああ~寒む~~~~~



スポンサーサイト
  1. 2011/11/27(日) 17:09:49|
  2. てれまんスタッフ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。